正規表現の検索・置換

スポンサーリンク

正規表現を活用する事で、多彩な検索・置換が可能となります。覚えておくと便利ですよ。

必要なもの

正規表現が使用可能なエディタ等を用意する必要があります。
Macですと「mi」など。

また、エディタの検索・置換画面で、「正規表現 検索」にチェックを入れる必要があります。

[かっこに囲まれた文字列を検索]

かっこに囲まれた文字を検索します。

[かっこに含まれた文字を検索] [2222222222] [kakomaretamoji]
上記のように、かっこ内の文字がどのようなものであっても、検索されます。

検索文字列に、以下のように入力します。

\[.+?\]

検索文字列に、以下のように入力すると、

\(.+?\)

()で囲まれた文字列を検索します。

一定の文字列 + 10桁の文字 を検索

twitterの画像付きのtweetのアドレスは、
pic.twitter.com/(10桁の文字)
という形です。
(もしかしたら10桁以外のもあるかもしれません。将来的には桁が変わる可能性もあるかもしれません)

pic.twitter.com/1234567890
pic.twitter.com/abcdefghij

といった、後半10桁が様々な文字列のURLを検索するには

pic.twitter.com/..........

とします。
.の数が、文字の数となります。

一括抽出

検索した文字列を一括中執するには、
[検索・置換]の[新規ドキュメントに抽出]を押します。

これで新規ドキュメントに一括抽出してくれますが、残念なことに一連の文字列として(抽出文字列の間に、スペースもコンマも改行もない)状態です。

分割するには、

検索

pic.

置換

(改行のみ)
pic.

で改行しましょう。

正規表現の文字の意味

. :任意の一文字

“\n” を除く任意の 1 文字に一致します。’\n’ など、任意の文字と一致するには、'[.\n]’ などのパターンを指定します。

+ :1回以上の繰り返しにマッチ

直前のサブ式と 1 回以上一致します。たとえば、”zo+” は “zo” や “zoo” とは一致しますが、”z” とは一致しません。+ は {1,} と同じ意味になります。

? :最短一致記号、0回または1回の出現にマッチ

直前のサブ式と 0 回または 1 回一致します。たとえば、”do(es)?” は “do” または “does” の”do” と一致します。? は {0,1} と同じ意味になります。

拡張正規表現

基本正規表現 拡張正規表現
{…} {…}
(…) (…)
( (
) )
[ [
] ]
. .
* *
? \?
+ +
^ \^
$ \$

スポンサーリンク

シェアする